ディズニークルーズ・ドリーム号に乗船しました!バハマクルーズ【旅行記】

同世代の友人と3人で9月にディズニークルーズ・ドリーム号に乗船しました。

当時はフロリダに住んでいた為、フロリダ発着のバハマクルーズ(3泊4日)を選びました。

私自身がウォルトディズニーワールドに勤務をしていたこともあり、ディズニークルーズの情報を耳にすることが多かったことが乗船のきっかけになりました。

ディズニークルーズのショー

ディズニークルーズ・ドリーム号のバハマクルーズは、2日目と3日目に寄港スケジュールが組まれている航路ですが、私たちの一番の目的は、ディズニークルーズの船内を堪能することだったので、船内で過ごす時間が多かったような気がします。

ディズニークルーズで特に楽しみにしていたのはショーでした。

幼少期からディズニーが好きで、東京ディズニーリゾート、フロリダやカリフォルニアのディズニーなども幾度と訪れましたが、ディズニークルーズで行われるショーは、どれも観たことのない初体験のショーでした。

キャラクターのコスチュームも、船長や海賊仕様となっており、貴重な姿を見ることができます。

クルーズならではのオリジナルショーやキャラクターのコスチューム姿に出逢えるというだけでも、ディズニークルーズの価値があると思いました。

また、船内では、ミッキーやミニーといったメインキャラクターに加え、ディズニープリンセスなど…時間によって、さまざまなキャラクターとのグリーティングが開催されます。

貴重な写真を撮ることができるので要チェックでした。

ディズニークルーズ・ドリーム号 船内での過ごし方

ディズニークルーズ・ドリーム号の船内はイベントや施設が充実していて、退屈することは全くありませんでした。

ショー鑑賞以外には、オープンデッキで無料のドリンクやアイスを楽しみながら海を眺めたり、夕日を見たりとリラックスした時間を過ごすことができました。

また船内の装飾がとても素敵なので、カメラを片手に散策するのもおすすめです。

ディズニークルーズ・ドリーム号には映画館もあり、朝から深夜まで定期的に映画が上映されていました。

私が乗船した際には、まだ一般には公開されていないディズニー映画を観ることができ、これも嬉しい経験でした。

ショップについては、ディズニーグッズからブランド品まで揃っており、免税価格で買い物ができます。(全てルームキーでの支払いなのでとても楽です。)

船の停泊中は、ショップがクローズしてしまうので、船が動いている時にショッピングの時間を確保するようにしました。

ディズニークルーズ・ドリーム号の部屋(キャビン)について

ほとんど部屋にいることはないだろうということで、一番リーズナブルな部屋(キャビン)を選んだのですが、結果的に全く申し分ありませんでした。

ディズニークルーズ・ドリーム号の部屋は、ベッドはセミダブルベッドが一つ、シングルベッドが一つでしたが女3人だったので問題なしでした。

その他、テレビ、シャワー、トイレ、電話、冷蔵庫…と一通り揃っており、不便さは一切感じませんでした。

テレビではディズニーの音楽やアニメを常に楽しむことができるので、部屋に戻っている時も退屈しません。

旅の目的にもよるかとは思いますが、ディズニークルーズ船内の施設やイベントをたくさん楽しみたいという方は、一番リーズブルなお部屋でも十分満足できるだろうという印象でした。

■ディズニードリーム号の部屋の中

ディズニークルーズ 服装&インターネット環境について

ディズニークルーズの船内は基本的にカジュアルでOKです。

皆さんTシャツにデニム、リゾートワンピース、ビーチサンダルといった服装でした。

ただし、最終日の夜には、フォーマルナイトといって、ドレスコードがあります。

この時は、ドレスアップが必要です。

ちなみにディズニークルーズ・ドリーム号の船内は空調がとても効いており、寒いと感じることが多かったです。

夏季の乗船であっても、カーディガンやパーカーといった上着は必須だと感じました。

インターネット環境ですが、基本的に船でインターネットは使用できません。

私も3日4泊、一度もインターネットを使いませんでしたが、正直なところ全く不便さは感じませんでした。

むしろ気兼ねなく、ディズニークルーズの旅を堪能できて良かったと感じたほどです。

ディズニードリーム号・バハマクルーズの寄港地での過ごし方

ディズニードリーム号・バハマクルーズは3泊4日で、2日目と3日目に寄港時間がありました。

2日目は、午前中から夕方前にかけて、バハマの街へ寄港します。

船から徒歩10分ほどのところに、マーケットやカフェが集まっており、ほとんどのゲストがそちらで過ごしていました。

私たちも、さらっとマーケットを眺めたり、コーヒーを飲みながら海を眺めたり、という過ごし方でした。

美しい建物と海の組み合わせが良いスポットがあるので、写真撮影もおすすめです。

ディズニーキャスタウェイ

3日目は、クルーズの目玉とも言える、ディズニーが所有する島=ディズニーキャスタウェイへ寄港します。

ディズニーキャスタウェイは、とにかくリゾート感が満天でした。

広い敷地の中に、ビーチ、レストラン、カフェ、ディズニーグッズのショップがあります。

さらにディズニーキャラクターもいて、グリーティングやイベントを一緒に楽しむことができます。

ディズニーキャスタウェイは、とにかく広い敷地ですが、移動用の乗り物も完備されており、小さい子どもやお年寄りでも楽に移動することができます。

こちらに寄港した際は、ビーチのハンモックでお昼寝をしたり、海に入ったり、とっても綺麗な夕日を見たりしながら、とてもリラックスした時間を過ごしました。

ディズニーの世界観も満喫しつつ、大人のリゾートという部分でも贅沢することができ、夢のようなひとときでした。


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!