カリフォルニアディズニーランド新婚旅行で行きました!

カリフォルニアディズニーランドへは、4月に新婚旅行で行きました。

ここを選んだのは、旅行日数が7日間であること、ディズニーだけではなく他の観光もしたいことが理由にありました。

フロリダのディズニーリゾートは、ディズニー一色の旅行になるだろうこと、テーマパークも複数あるので、場所も遠くなり移動に時間がかかることも考えると、

多くて4〜5日しか時間が取れずでは十分見て回れないだろうと考えられたので、同じアメリカでもロサンゼルスに決めました。

アメリカ・カリフォルニア州アナハイムアナハイムで3泊4日

カリフォルニアディズニーリゾートのあるアナハイムへの滞在は3泊4日(ロサンゼルスを含めると、6泊7日)で、夫と二人の新婚旅行でした。

到着日は、アナハイムのエンゼルスタジアムでメジャーの野球を見たので、パーク自体を楽しんだのは、2デー・パークホッパー・パスを利用しての2日間でした。チケットはツアーに含まれていました。

チケットのない日でも、ダウンタウン・ディズニー(東京ディズニーリゾートのイクスピアリ的存在)があるので、雰囲気は十分楽しめます。

ディズニーストアでもお土産を買えますし、お店によってはディズニーのグッズやディスプレイをしています。

また夜遅くまで空いているので、徒歩圏内のホテルでしたので、メジャーリーグのデーゲームを見た後でも時間もたっぷりありました。

2デー・パークホッパーは、二つのディズニーランドとカリフォルニアアドベンチャーを自由に行き来できるので、ファストパスやショーに合わせて、出入りできます。

カリフォルニアディズニーランドのキャラクター

カリフォルニアディズニーランドのキャラクターも日本と比べて、たくさん出会えましたし、空いています。

一番最初にミッキーと出会いました。

出会うキャラクターもいろんな可愛い衣装を着ているので、同じキャラクターでも会う楽しみがありました。

触れ合う時間も長めで、夫とプルートが仕組んで私を驚かせたり、何枚もショットが撮れたりします。

ただし、ダッフィは引っ越ししたので、少しグッズを売られているだけで、キャラクターには会えません。

カリフォルニアディズニーランドのアトラクションやパレード

ディズニーランドのアトラクションやカーズは混んでいましたが、東京ディズニーシーでは混んでいるトーイストーリー・マニア!やバズライトイヤーのアトラクションも空いていました。

写真にもよく収められているジェットコースターも10分くらいで乗れました。

カリフォルニアディズニーランドのパレードは基本的に並ばずに見られます。

10分前でも場所取りできますし、時によっては、並んで待っていても堂々とカメラを持って前に入られることも前の人がおんぶすることもあるかもしれません。

日本に比べ並ぶ習慣が少ないのだと思いますので、文化の違いとして考えると吉です。

カリフォルニアディズニーランドのショー

カリフォルニアディズニーランドのショーは、カリフォルニアアドベンチャーで、ハリウッドランドで、英語ですが本格的なミュージカルが見られます。

現在はアラジンは終了し、アナと雪の女王が上映されているようです。

日本でもお馴染みのファンタズミック!(ディズニーランド)もあります。

同時間帯に、カリフォルニアアドベンチャーでワールドオブカラーが開催されているので、どちらかを選ぶことになります。

ワールドオブカラーは大陸内部ならでは空気(風の流れ)が安定しているため開催できるショーとのことです。

私たちは、日本では見られないワールドオブカラーを2日間見ました。

ファストパスもあるので、朝一番でカリフォルニアアドベンチャー内でファストパスを取ってから遊びました。

大人気のショーなので、ここでは並ぶことも待つことも皆さんしていました。

カリフォルニアアドベンチャー、ワールドオブカラーは約30分ほどの水上ショーで、水のスクリーンに映像を映しながら、噴水と音楽の融合したショーです。

広く演出されるのですが、どこで見ても全体は見えないですが、どこで見ても完成しているので、満足できます。

カリフォルニアアドベンチャー

ディズニーランドは、世界で一番初めに作られた歴史あるパークで、お馴染みのアトラクションもありますし、人気のアトラクションもあり、キャラクターのアトラクションは数十分は並ぶことが覚悟です。

一方、カリフォルニアアドベンチャーは各エリアの世界観の完成度が非常に高く、その映画の中に紛れ込んだかのようです。

特にカリフォルニアアドベンチャーのカーズランドは、圧倒されます。

ファストパスを取ってでも是非乗っていただきたいアトラクションです。

2日間では、回りきれませんが、目星をつけて、予習していくことをお勧めします。

日本語版のガイドマップも置いてある

また、案内所で、First visitなどの缶バッジをもらえます。

日本語版のガイドマップも置いてあります。

クレジットカードは、ポップコーンでさえクレジットカードが使えます。

休憩するにはスターバックスもあるので、初めてでも安心です。

水分は近くのコンビニで買って水を持ち込みました。セキュリティでも大丈夫でした。

カリフォルニアディズニーランドのお土産

お土産は、記念品のようなものが多く、小分けのお菓子やペンセットみたいなものはありませんでした。

スマホケースは古い型もあるのでお気に入りが見つかると思います。

友人のお土産は、ディズニーでは買いづらいと思います。

ディズニーダラーへの換金が可能ですので、それをお土産にするのは喜ばれるかもしれないです。

今でもまた行きたいパークです。

短い行程でアメリカ本場ディズニーを楽しみたい方にはぜひカリフォルニアをお勧めします。

カリフォルニアディズニー ツアー

ディズニークルーズに乗りました【旅行記】


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!