カリフォルニアディズニーへ行きました!おすすめや見どころ!

ディズニーリゾートが大好きな私は、大学4年のときにディズニー好きで仲良くなった趣味友達と3人でアメリカのアナハイムにあるディズニーランドリゾートへ行くことにしました。

ウォルトディズニーが手がけた唯一のディズニーランドに一度は行ってみたいという共通の思いがあり、イベントをやっていた時期ともあってすぐにツアーを申し込みました。

カリフォルニアディズニーランド・リゾート旅行記

2月の2週目に4泊6日の日程でカリフォルニアディズニーランド・リゾートへ行きました。

学生限定の格安ツアーのため、飛行機は羽田空港深夜1時発の便でした。

ロサンゼルス空港まで直行便で8時間。

帰りは、日付変更線をまたぐ関係で10時間かかりました。機内食は、2回提供されます。

アメリカの航空会社は、アメリカ人の体感気温に合わせ、空調の設定が低いことが多く、予め用意されている膝掛けだけでは寒く感じることがあります。羽織物や膝掛けを持参すると良いです。

2月のロサンゼルスは、寒暖差が激しく日中は30度を超えますが、朝晩は10度を下回ります。

雨は、ほとんど降らずカラッと乾燥した空気です。

また、カリフォルニアディズニーランド・リゾートのパークは、曜日にもよりますが朝8時から遅いと夜中0時まで空いているため、気温が下がったときのためにライトダウンのようなコンパクトな羽織物を持っていくことをオススメします。

カリフォルニアディズニーランドのおすすめと見どころ

カリフォルニアのディズニーランドリゾートは、「カリフォルニアアドベンチャー」と「ディズニーランド」2つのパークがあります。

パークホッパーチケットという、割高ですが1日に2パークを行き来できるチケットは、時間を有効に使えて便利です。

カリフォルニアのディズニーランドは、入園するとディズニーのキャラクターたちが出迎えてくれました。

カリフォルニアディズニーのキャラクターグリーティングは、日本のように長蛇の列になる前にラインカットするので、何時間も待つことなくスムーズに写真が撮れます。

一度ラインカットしてしまっても短い間隔で次々キャラクターが入れ替わり、グリーティングが行われるので、たくさんのキャラクターに会うことができて楽しいです。

カリフォルニアディズニーのアトラクションは、古さもあって乗り心地が悪いのは、たまにキズですが日本にはない様々なアトラクションがあります。

雪山を駆け抜けるジェットコースタータイプのマンハッタンボブスレーは特にオススメです。

カリフォルニアディズニーのショーは、マッピングを使用したミッキーのマジカルマップが感動的。

カリフォルニアディズニーのパレードは、ミッキーのサウンドセンセーショナルがオススメです。

ライオンキングのシンバやプリンセスと魔法のキスのフロートなど日本では見られないビッグスケールです。

夜には、お城でマッピングと花火を使用したディズニーランドフォーエバーが始まります。

ウォルトディズニーが作り出したイマジネーション溢れる世界に酔いしれ、きっとここへ来て良かったと思えるはずです。

カリフォルニアアドベンチャー アトラクションや見どころ・おすすめ

カリフォルニアアドベンチャーは、カーズのアトラクション、ラジエータースプリングスがあります。

アメリカ西部の広大なコースを猛スピードでドライブ!最後は白熱のレース体験が待っています。

パーク内には、映画館や夜には屋外ナイトクラブも登場し、大人も楽しめる雰囲気。

夜の水上ショー、ワールドオブカラーは圧巻です。

カリフォルニアディズニーでの食事は、両パーク共通でスターバックスが入っており、アメリカらしい軽食が楽しめるほか、ディズニーとコラボしたマグやタンブラーはお土産にもおすすめです。

さいごに

お土産ですが、航空会社によっては、荷物の重量が多いと追加料金が発生するので買いすぎには注意ですね。

皆さんもカリフォルニアディズニーランド・リゾートで素敵な旅の思い出ができますように。

カリフォルニアディズニー ツアー

ディズニークルーズに乗りました【旅行記】


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!