ホテルミラコスタに1歳半のイヤイヤ期の娘を連れて宿泊しました

毎年ディズニーランドに行っていましたが妊娠、出産を経験してからは行けなかったので、子どもができて家族初めて&三年ぶりのディズニーランドに行きました!

言った時期は5月で、二泊三日です。

予約をしに行った際にダメ元で、ホテルミラコスタの名前を出しました。

するとお店の人も『無理だと思いますが…見てみますね』とパソコンをカタカタ…すると、『え?!空いてます!どうしますか?!』

私、『えーー!とりあえずとってください!』と勢いでとってしまいました。

もちろんその場に旦那はおらず…帰ってからの事後報告でした。

主人も『え?!なんで空いてるんだ!すごい!』と、ディズニーに詳しくなくてもミラコスタはわかったようです。

ホテルミラコスタへ!

娘は一歳半。

ミラコスタの外観を見て大きな噴水にテンションがあがり噴水だけで30分は外で遊んでいました。

いろんなところにミッキー、ミニーがいて、

入り口のステンドグラスのミッキーたちがかわいくて何度も写真をとりました。

ミラコスタのスタッフの対応は神対応!

娘はちょうどイヤイヤ期と重なりました。

飛行機、バスの長旅で疲れたようで機嫌はとっても悪く、受付中のときに床に寝そべりだだをこね始めました。

ミラコスタに来たのに怒りたくないという私の思いと、大きい声で泣かれて恥ずかしい…という思いで胸がいっぱいでした。

だけど、ミラコスタのスタッフの方が娘に近づいて『今日は暑いもんねー、床きもちいいよねー。』なんて言ってくれて涙が出るほど嬉しかったです。

主人もバタバタして受付していたのですが、周りの方も微笑んでくれたので夫婦で少し落ち着くことができました。

こんなとこにもミッキーが!!?

もちろんミラコスタホテル内の床や天井、壁…あらゆるところにミッキーたちがいるのですが私が一番驚いたのは(有名かもですが)エレベーター!

エレベーターの声がミッキーなんです!

これはサプライズで行った方が感動するから知りたくない人はスルーしてください。

これに関しては私嬉しくて何度もボタンを押し、ビデオもとりました。

もちろん部屋にもたくさんミッキー用品を置いてくれています。

子どものコップも持ち帰っていいですよとのメモがあり嬉しくて嬉しくて全て持ち帰りました。

ハガキも持ち帰りオッケーです。

私ずうずうしくスリッパもいただきました♪

そして、ミラコスタの部屋の窓を開けると…ディズニーのバックミュージック。

朝も夜寝るときもきいていました。

ずーっとディズニーにいれます。

オチェーアノは子どもにも優しい

ホテルミラコスタでの朝食は、ホテル内にあるレストラン「オチェーアノ」で、私たちは朝食バイキングを食べました。

寝起きの悪い娘にミッキーのランチョンマットに、名前のかいたシールをくれました。

とても喜んで朝もニコニコで食べることができました。

何度も写真とってもらっても嫌な顔されず、逆に何枚も撮ってくれて嬉しかったです。

そして、朝一番のパレードを、朝食を食べながら見ることができました。

この日はディズニー料金払ってないのにただで見られてラッキーな気分でした!

子どもとでも楽に行けたミラコスタ!

ホテルミラコスタとディズニーは、最高のひとときをプレゼントしてくれました。

イヤイヤ期の娘と行くのは少し不安もありましたがやっぱり行ってよかったです。

ホテルが近いので娘と主人が部屋で休憩してるときは私は買い物したり、一人でビール飲んだりと満喫できました。

楽しい思い出しか残らなかったです。

ディズニーホテル宿泊プラン

ディズニークルーズに乗りました【旅行記】


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!