ミラコスタホテルで一泊二日の宿泊。2日間とも雨でした。

5月に東京ディズニーシー「ホテルミラコスタ」で一泊二日、宿泊しました。

おつきあいしている彼が、私の誕生月にミラコスタの予約を取ってくれたのです。

チェックイン前はイクスピアリに行ってリゾートラインで向かいました。

改札口からミラコスタ宿泊者専用の改札があって、素敵だなーと思いました。

特別な感じですよね。

ミラコスタの部屋からゴンドラが一望

そして、先ずはエントランスの素晴らしさに驚きました。

さすがは東京ディズニーリゾート。

日本とは思えない景色で、飛行機でイギリス、イタリアなどのヨーロッパに来たような雰囲気です。

そしてミラコスタホテルの部屋の中は至る所にミッキーが描かれていてます。

お洒落で大人なイメージなので老若男女問わずに落ち着いて過ごせる館内が魅力です。

私達が泊まったミラコスタの部屋は、ゴンドラ側が一望できるお部屋でしたが、

ホテルロビー、二階などの階段窓からシーの景色もショーも観覧できる空間があるので、ミラコスタの宿泊者はVIPな気分も味わえます。

■ミラコスタホテル 部屋からの眺め

ミラコスタ 一泊二日の宿泊

ミラコスタで一泊二日の宿泊ですが、一日目はホテル内を満喫するために、ディズニーシーにはアフター6パスポートを利用して入りました。

しかしながら、天気が夜から悪くなり雨が降ってきたので、ディズニーシーのショーもミラコスタに戻って見ようかという事になり、割と早めにホテルに戻りました。

急遽、ミラコスタホテル内のレストランで夕食をとることになりましたが、予約をしていなかったにも関わらず、窓側の席が空く時間帯も案内してもらえてホスピタリティをとても感じる接客に感動致しました。

ミラコスタホテルのレストランのディナーコースは、どれも高級感あって、見ても良し味も良しで、とにかく可愛くて食べるのも惜しいぐらいでした。

ホテルの喫煙所もオリエンタルな雰囲気で、照明も少し暗めで喫煙所とは思えないぐらいのクリーンな空間でした。

ミラコスタホテルのアメニティも細部にまでこだわっており、お土産として持ち帰れるので記念に全部持ち帰りました。

ルームキーも可愛くて記念になっています。

夜中、お腹が少し痛くなり痛み止めが手持ちに無く駄目元で客室係に電話をしたところ、従業員用の救急箱から痛み止めを分けてくださり配慮にとても感謝しています。

2日目は朝からディズニーシーで遊ぶ予定にしており、ミラコスタでチェックアウトを早朝開演30分前に済ませ、荷物だけ預かってもらいましたが、やはり2日目も雨で、朝から天気が悪く傘までお借りできました。

ディズニーホテルの特典でもある開演15分前に入園出来るのも魅力です。

2日目の昼間もホテル内のレストランでランチをする予定でしたので前の日に予約を入れました。

スムーズに時間通りにご案内してもらったので大満足でしたが、天気が悪く予約をしていないお客様も受け入れていたようで、店内が混雑していて申し訳ありません、とわざわざ謝罪までされました。

全く気にしていなかったのですがそういった配慮も流石だと思いました。

まとめ

ミラコスタで一泊二日の宿泊でしたが、ホスピタリティ溢れるキャストさんに、ホテルのスタッフの方々の温かさにもやはり他では味わえない特別な日という感覚を味わう事が出来ました。

何度訪れても東京ディズニーリゾートは、飽きないしホスピタリティ溢れる場所だと思います。

また泊まりに行きたいです。

ディズニーホテル宿泊プラン

ディズニークルーズに乗りました【旅行記】


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
error: Content is protected !!